弁 護 士 紹 介

弁護士・弁理士
松村 信夫(まつむら のぶお)

・プログレ法律特許事務所所長 

 経 歴

   1975年    同志社大学法学部法律学科卒業
   1981年    大阪弁護士会に弁護士登録
   1984年    松村信夫法律事務所を開設
   2000年    弁理士登録
   2005年    プログレ法律特許事務所に名称変更

 役 職 等

   大阪市立大学大学院 法学研究科法曹育成専攻 特任教授(知的財産法)
   大阪大学法科大学院客員教授(2005年度~2012年度)
   大阪大学大学院 高等司法研究科 非常勤講師(公法律訴訟)
   日本弁護士連合会 知的財産制度委員会委員長(2007年度)
   日本弁護士連合会 知的財産センター 委員
   日本弁護士連合会 行政訴訟センター 委員
   日本工業所有権法学会 理事
   特許庁工業所有権審議会臨時委員(2003年度~2008年度) 
   大阪弁護士会 知的財産委員会 委員長(2012年度)
   大阪弁護士会行政問題委員会委員長(2004年度~2006年度)

 主 な 取 扱 分 野

・知的財産権法事案
 (特許法,実用新案法,意匠法,商標法,著作権法,不正競争防止法)
・経済法事案
・行政法事案
・会社法事案
・一般民事事件

 ひ と こ と

「諸君よ、もし理論をもって是非を判別せんと欲せば、決して難しきにあらざるなり。しかれども諸君よ、願わくば、その理論に愛の油を注ぎ、もって考えよ」という同志社大学の創立者「新島 襄」の言葉が何となく気になり,弁護士の仕事もかくあらんと思いながら,なかなかその域に達しないことをもどかしく思っています。

 著 作

(主要著書)
 ・松村信夫「不正競業訴訟の法理と実務」(民事法研究会)
 ・松村信夫「不正競業訴訟の法理と実務〔第4版〕」(民事法研究会)
 ・松村信夫=三山峻司共著「著作権法要説 実務と理論」(世界思想社)
 ・三山峻司=松村信夫共著「実務解説 知的財産権訴訟」(法律文化社)
 ・小野昌延=松村信夫共著「新・不正競争防止法概説 」(青林書院)

 (主要論文)
  ・「退職従業者に対する競業行為の制限」
     (日本工業所有権法学会年報30号184頁)
  ・「商標の類似」
     (日本工業所有権法学会年報31号73頁)
  ・「結合商標における類否判断」(知的財産法最高裁判例評釈大系
     〈小野昌延先生喜寿記念 論文集〉)
  ・「不正競争防止法と産業財産権法の交錯領域に関する若干の検討」
   (牧野利秋先生傘寿記念論文集『知的財産権-法理と提言』青林書院)
  ・「商標権の行使と商標の機能」
   (高林龍=三村量一=竹中俊子編「現代知的財産法講座Ⅱ」日本評論社)

  詳細については,こちらをご参照ください。

弁護士
塩田 千恵子(しおた ちえこ)

・プログレ法律特許事務所 パートナー

 経 歴

   1997年    東京大学法学部卒業
   2000年    大阪弁護士会に弁護士登録
   2000年    松村信夫法律事務所入所
   2010年    プログレ法律特許事務所のパートナーに就任

 役 職 等

   八尾市職員倫理委員会就任(平成14年度~平成21年度)
   羽曳野市地域包括ケア推進委員会委員(平成21年度~平成26年度)
   大阪学院大学法科大学院チューター(平成16年度~平成21年度)
   大阪市ESCO事業提案評価委員(平成25年度~平成26年度)
   特許庁特許等取得活用支援事業 窓口知財専門家(平成26年度~現在)
   日本知的財産仲裁センター関西支部 運営委員(平成26年5月~現在)
   日本弁理士会特定侵害訴訟訟代理業務研修講師(商標)(平成27年度)
   寝屋川市介護保険制度等苦情調整委員(平成27年度)
   大阪市PFI事業検討会議委員(平成27年度)
   大阪府立上方演芸資料館資料活用検討委員会委員(平成27年度)


 主 な 取 扱 分 野

・知的財産権一般に関する訴訟(侵害訴訟、審決取消訴訟)
・共同開発契約書・ライセンス契約書等のチェック
・会社法務(総会指導・新法対応・契約書等リーガルチェック)
・一般民事事件
・倒産事件(破産管財人、破産・民事再生申立)
・家事事件(成年後見人、相続、離婚) 

 著 作

 (共著)
 ・「最新不正競争関係判例と実務 」
   大阪弁護士会友新会(民事法研究会)
 ・「介護・医療・福祉小辞典」
   橋本篤孝・古橋エツ子 (法律文化社)
 ・「デジタルコンテンツ法上下巻」
   大阪弁護士会知的財産法実務研究会(商事法務)
 ・「狙われる!個人情報・プライバシー」
   木村達也監修 (民事法研究会)
 ・「最新著作権関係判例と実務」
   知的所有権問題研究会 (民事法研究会)
 ・「知財相談ハンドブック」
   大阪弁護士会知的財産法実務研究会(大阪弁護士協同組合)
 ・「知的財産契約の理論と実務」
   大阪弁護士会知的財産法実務研究会 (商事法務)
 ・「最新判例知財法~小松陽一郎先生還暦記念論文集」(青林書院)
 ・「知的財産法最高裁判例評釈大系~小野昌延先生喜寿記念 [Ⅰ]特許・実用新案法」
   (青林書院)
 ・「最新知的財産判例集―未評釈判例を中心として~三山峻司先生 松村信夫先生還暦記念」
  (青林書院)
 ・「知的財産権・損害論の理論と実務」
   大阪弁護士会知的財産法実務研究会(商事法務)
 ・「最新商標権関係判例と実務」共著 (平成24年10月13日発行 知的所有権問題研究会編 (株)民事法研究会)
 ・「特許審決取消判決の分析 ~事例からみる知財高裁の実務~(別冊NBL No148)」共著(平成27年3月発行 大阪弁護士会知的財産法実務研究会(株)商事法務)

  詳細については,こちらをご参照ください。

弁護士・人間科学博士
(長岡技術科学大学准教授就任のため現在休職中)
岡本 満喜子(おかもと まきこ)

・プログレ法律特許事務所 アソシエイト

 経 歴

   1995年    同志社大学大学院法学研究科を修了
   1998年    大阪弁護士会に弁護士登録
   2004年    プログレ法律特許事務所に入所
   2004年    早稲田大学大学院人間科学研究科入学
   2006年 6月    国土交通省大臣官房運輸安全監理官付運輸安全調査官採用
   2009年 9月    同運輸安全調査官を任期満了退職
   2009年10月    プログレ法律特許事務所に復職
   2010年 1月    早稲田大学で博士号(人間科学)を取得
   2010年 3月    早稲田大学大学院人間科学研究科卒業
   2011年    長岡技術科学大学准教授就任

 役 職 等

   同志社大学法科大学院非常勤講師(平成22年4月から)
   日本品質保証機構非常勤職員(平成22年4月から)



 主 な 取 扱 分 野

 ・知的財産法
 ・会社法務(コンプライアンスに配慮した事業運営のアドヴァイス,
  契約書等リーガルチェック)
 ・交通事故
 ・過労死事件
 ・一般民事事件

 著 作

 ・「ヒューマンエラー防止のヒューマンファクターズ」(分担執筆)
   行待武生監修 (テクノシステム)
 ・「特許・実用新案の法律相談」(分担執筆)
   村林隆一・小松陽一郎編 青林書院
 ・「デジタルコンテンツ法」(分担執筆)
   大阪弁護士会知的財産法実務研究会編(商事法務)
 ・「最新著作権関係判例と実務」(分担執筆)
   知的所有権問題研究会編 民事法研究会
 ・「知的財産契約の理論と実務」(分担執筆)
   大阪弁護士会知的財産法実務研究会編 商事法務
 ・「最新知的財産判例集―未評釈判例を中心として~三山峻司先生 松村信夫先生還暦記念」(青林書院)

 詳細はこちらをご参照ください

弁護士
藤原 正樹(ふじわら まさき)

・プログレ法律特許事務所 パートナー

 経 歴

   1995年    関西大学法学部卒業
   2007年    大阪弁護士会に弁護士登録
   2007年    プログレ法律特許事務所に入所

 役 職 等

   大阪弁護士会知的財産権委員会 委員
   大阪学院大学大学院 法学研究科 修士課程 非常勤講師(知的財産法研究)
   全国倒産処理弁護士ネットワーク 会員
   大阪弁護士会知的財産法実務研究会 会員
   電子商取引問題研究会 会員



 主 な 取 扱 分 野

 ・知的財産法務(特に商標権,著作権,不正競争防止法)
  近時は営業秘密案件に力を入れております。
 ・広告やウェブサイトの景表法チェック
 ・共同開発契約書・ライセンス契約書など契約書のチェック
 ・ソフトウェア法務(契約書の作成・チェック,訴訟)
 ・マンション関係法務
 ・労働事件
 ・債権回収
 ・倒産・再生・債務整理事件
 ・不動産賃貸借法務
 ・交通事故事件
 ・相続事件
 ・一般民事事件

 ひ と こ と

本WEBサイトの作成者かつ管理者です。 半分趣味の延長で作成を始めましたが,思っていた以上に大変でした。 HP作成業者さんの苦労が少し分かったような気がします。

 著 作

 ・「営業秘密の特定とプログラムの著作物の著作権侵害訴訟における主張・立証」(知財管理61-1 共著)
 ・「ビジネス著作権検定公式テキスト」(朝日新聞出版)共著
 ・「最新知的財産判例集―未評釈判例を中心として~三山峻司先生 松村信夫先生還暦記念」
  (青林書院)共著
 ・「最新商標権関係判例と実務」(分担執筆) 知的所有権問題研究会編 民事法研究会
 ・「特許審決取消判決の分析 ~事例からみる知財高裁の実務~(別冊NBL No148)」共著(平成27年3月発行 大阪弁護士会知的財産法実務研究会(株)商事法務)分担執筆
・「ビジネス著作権検定 公式テキスト」(株式会社インプレス)=共同執筆

詳細についてはこちらをご参照ください

弁護士・弁理士
永田 貴久(ながた たかひさ)


・プログレ法律特許事務所 パートナー

 経 歴

   2004年    京都工芸繊維大学工芸学部物質工学科卒業
   2006年    弁理士登録
   2009年 3月    大阪市立大学法科大学院修了
   2009年10月    司法修習のため弁理士登録抹消
   2010年    大阪弁護士会に弁護士登録
   2010年    プログレ法律特許事務所入所
   2011年    弁理士(再)登録

 役 職 等

   永田国際特許事務所共同代表    http://www.nagata-patent.com/ 
   TNY Legal Co.,Ltd. 共同代表   http://www.tny-legal.com/
   中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー(平成28年度~現在)
   一般社団法人知財経営ネットワーク(IPN)理事(平成28年度~現在)  http://ip-net.org/index.html
   大阪中小企業顕彰事業審査委員会委員(平成26年度~現在)
   大阪府MOBIOものづくり支援アクションプラン推進委員会委員(平成25年度~平成28年度)
   日本弁護士連合会中小企業海外展開支援事業担当弁護士
   知財総合支援窓口登録専門家(大阪府,島根県,徳島県)
   大阪弁護士会知的財産法実務研究会 会員
   知的所有権問題研究会 会員



 主 な 取 扱 分 野

 ・知的財産権に関する事件(侵害事件,審決取消訴訟)
 ・知的財産権に関する調査・相談・交渉
 ・特許権・商標権等の知的財産権についての出願業務(弁理士業務)
 ・労働事件(使用者側,労働者側),労働審判
 ・家事事件(相続,離婚等)
 ・交通事故(交渉,訴訟)
 ・ASEAN進出支援業務

 ひ と こ と

 現在,担当している事件の約半分が知的財産権関係の事件です。
侵害訴訟や警告,交渉,鑑定・意見書作成などが中心ですが,最近は弁理士業務,つまり特許や商標の出願の割合も大きくなってきました。権利侵害への対応(訴訟,交渉)を弁護士として行っているため,権利行使を踏まえた有効な権利取得という視点を強くもって,出願や相談を行っています。出願関係は,私が共同経営している永田国際特許事務所と共同で対応しています。
 また,2016年2月に,タイ王国バンコクにTNY国際法律事務所を開設いたしました。タイへの進出案件や,タイでの紛争処理,ASEANにおける特許・商標の出願,知的財産権の権利行使,契約書への対応や法規制の調査など幅広く対応しております。このTNY国際法律事務所の共同代表である堤弁護士はミャンマーに事務所を構えており,タイだけではなくミャンマー関連の案件も迅速に対応できます。
 知的財産権関係以外の事件としては,離婚や相続といった家事事件,交通事故事件,労働事件など幅広く対応しています。
 話しやすく,依頼者の方の話をじっくり聞く弁護士・弁理士であることを心がけています。お気軽にご相談ください

 著 作

・「最新商標権関係判例と実務」(分担執筆) 民事法研究会
・「事例から考える特許法」(分担執筆)法学書院
・「現代社会における著作権問題(第12回)」知財プリズム11-127
・「特許審決取消判決の分析 ~事例からみる知財高裁の実務~(別冊NBL No148)」共著(平成27年3月発行 大阪弁護士会知的財産法実務研究会(株)商事法務)分担執筆
・「最新不正競争関係判例と実務」(大阪弁護士会友新会編)民事法研究会=共同執筆(判例評釈担当)
・「Q&A商標・意匠・不正競争防止法」(経済産業調査会)共著

詳細についてはこちらをご参照ください

弁護士
赤松 俊治(あかまつ しゅんじ)


・プログレ法律特許事務所 アソシエイト

 経 歴

   2012年    神戸大学法学部卒業
   2014年    神戸大学法科大学院卒業
   2015年12月    大阪弁護士会に弁護士登録
   2016年 1月    プログレ法律特許事務所入所

 役 職 等

   大阪弁護士会知的財産委員会 委員
   知的所有権問題研究会 会員



 主 な 取 扱 分 野

 ・一般民事事件
 ・労働事件
 ・交通事故事件
 ・知的財産権に関する事件
 ・刑事事件

 ひ と こ と

 平成28年1月より,当事務所にて弁護士として勤務を開始いたしました。
 現代においては,インターネットの検索等で,法律の知識は,比較的容易に入手できるようになっています。しかし,そのような時代においても,個々の事件の特徴を見極め,柔軟に対応できるのは,やはり弁護士であると実感しております。
 私は,若輩者ではありますが,弁護士の存在意義を高め,自らの経験の差を埋めるべく,様々な事件に関わり,日々研鑽に励んでおります。
 依頼者のお話を丁寧にお聴きし,解決策をわかりやすくご説明することを心がけておりますので,少しでも悩まれている方,どうぞお気軽にご相談ください。